聖地が泣いている

2016年9月27日
2016年9月27日

 

昨日、タイガースvsヤクルト戦を甲子園に見にいってきました。

 

事前に情報は知っていましたが、改めて現状をスタンドから見てみると、ため息しか出ません。

 

いくら水樹奈々陣営が”謝罪”しても、このピッチコンディションは酷いですよ。

 

イベント開催を許可した球団など球場側にも大きな責任があり、収益的なことや野球ファン以外にも使ってもらいたい、という考えは分かりますが、それは程度問題であって、甲子園球場の本分は「野球」にあるはず。

 

2016年5月
2016年5月
2016年8月
2016年8月

 

当然、使っていれば芝の状態は悪くなるし、特に猛暑を超えれば特にです。

 

でも昨日の状態でプレーをさせるのは選手に失礼だし、球場に足を運んでいるファンにも失礼だと思います。

 

昨日も、初回にバレンティンのライトライナーを福留がダイビングキャッチして、ファインプレーを見せてくれましたが、見たところ茶色ところではなく、緑色の芝生の場所にダイビングしていたのでよかったなあと思いましたが、あそこはあそこで痛みは激しかったと思う。ダイビングしてしばらく起き上がらなかったので、冷や冷やもしました。

 

例のコンサートは9月22日の開催。

 

「もう残り試合も少ないし、まあいいや」と開催を許可したのだとしたら、それは野球ファンへの冒とくでもあると思う。

 

セパック・ボラの天然芝探訪記